HomeLatest News新しい冬の定番SHETLAND WOOL

新しい冬の定番SHETLAND WOOL

2021.01.29


シェットランド・シープは、スコットランドの北方に位置するシェトランド諸島に生息しています。 英国羊毛は一般的に硬い毛質と思われがちですが、シェットランドウールは柔らかく、光沢があるのが特徴です。 冬の寒さが厳しい過酷な環境で育つので、毛質は弾力性、耐久性に優れています。
また、羊の中でも体が小さく、 産毛量が少ない貴重な原料として知られています。洗う度に柔らかく馴染んでいくので、長く大切に使えるアイテムを作るのに最適な毛糸です。


YAMAtuneはこれらの特徴を生かし、寒さに厳しい北海道の大地でも心地よく快適に過ごすための商品を開発して来ました。厳選されたシェトランドウール100%を使用したソックスを始めとし、レッグウォーマー・マフラー、インナーにはフリース 加工を施した手袋・帽子など、冬には欠かせないアクセサリー等を販売しています。 シェトランド島の風に吹かれた羊の毛は、油分を多く含み、保温性と撥水性をかね揃えています。 急激な外気と室内の変化の中でもしっかりと汗を発散し、

ドライな暖かさをキープします。 特にレッグウォーマーはレイヤードのしやすさや、スタッフ間でも所有者が多いことからも分かるように、お客様にとっても間違いなく冬の定番の一枚になってくれるはずです。


天然ウールが肌に触れることで起こる特有の「かゆみ」が苦手な方もいらっしゃる様ですが、基本的には新品の毛が立っている状態から、 着込んでいくにつれて“毛が寝る”状態になれば、かゆみは自然に薄れていきます。特に人気のタイプ、アンクルウォーマーは、 靴下の上からウォーマーを着用し、足首を優しく包み込み足先から温めてくれます。 または手首にはめてジャケットと手袋の隙間を埋め、 コートやジャケットカフとして多様にスタイリングを楽しんでいただけます。

コロナ禍でステイホームが余儀なくされている方も多いと思います。
この冬を暖かく快適に過ごすアイテムとして、 自然で優しい風合いを実際に体験してみて下さい。